勧誘に会ったら

万が一、しつこい勧誘に会ってしまったら契約する気無しアピールをしよう!

これから脱毛サロンに通って、ムダ毛のないキレイなお肌を手に入れようと思っている人も多いと思いますが、そんな人達はいろんな不安もあると思いますが、その1つに「しつこい勧誘」も含まれていると思います。

 

しつこい勧誘も、バシっと断れるタイプの人なら良いのですが、多くの人はそうではないですよね。

 

大手を中心としたほとんどの脱毛サロンでは、しつこい勧誘をしないというのはもはや常識となっています。

 

ですが、個人経営の脱毛サロンや、中小の脱毛サロンでは、未だにしつこい勧誘が行われているのが現実です。

 

悪質な脱毛サロンだと、契約するまで返してもらえなかったり、クーリングオフを受け付けてもらえなかったりするところもありますので怖いですよね。

 

万が一しつこい勧誘を受けてしまった場合、うまく断る方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

◆お金がないことをアピールしましょう。

 

例えば学生さんや主婦の方だと、この理由が使いやすいです。

 

しつこい勧誘で勧められるのは、金額の高いコースです。

 

ですから、自分の自由になるお金がない、お金を使うときには家族の許可が必要だということをしっかりアピールしましょう。

 

◆忙しいことをアピールしましょう

 

これはお仕事をしている人や学生さん、主婦の方誰でも使いやすい理由です。

 

忙しくて、勧められたコースは通うことができないということをアピールしましょう。

 

学生さんなんかは「時間があるでしょ?」と言われるかもしれませんが、「サークルが忙しい」「就活が忙しい」「アルバイトが忙しい」などで回避しましょう。

 

◆契約の意思がないことをアピールしましょう。

 

これは最後の手段で良いと思います。

 

「お金がない」「忙しい」と断っても引き下がってもらえない場合は、もうこの理由しかありません。

 

勧誘を受けるのは、初回のカウンセリングの時です。

 

カウンセリングを受けたからといって、その脱毛サロンに通わなければいけないということは決してありませんので、「見学的な気持ちで来た」とか「他にもカウンセリング予約をしていて、気に入った方へ通いたい」など契約の意思がないことをしっかりアピールしましょう。

 

ただし、この理由で断ってしまうと、担当者によっては対応が悪くなる可能性もありますが、気にすることはありませんよ。